2010年03月08日

復帰

修理に出していたビデオカメラ、Victor GR-HD1が戻ってきました。
中古で買って即基盤交換。前に使っていた機種でも起こっていた現象(ノイズ発生)で、修理の担当者さんの話から推察するに、民生品ならではの劣化仕様の影響のようです。つまり、業務機器で再生したらノイズは出ず「ちゃんと見れる」とのこと。
基盤交換で約4万5千円。旧カメラを分解して、中の構造を知っているんで…まぁ技術料取られても仕方ないのはよく分かりますが、やっぱりメンテ代を考えると自主制作にはギリギリのライン。

やはり安価な50万以下で買えるような機材は、それなりの「仕様上の無理」があるのかな…という印象です。安くするために何かをなくしている、ということ。GR-HD1は単板CCDで発色が薄暗いし。


昨日は「夢見るコトバ」(HD 720p版)の編集作業。フローの途中でDV変換して仕上げていたんですが、いろんな都合で最後の一歩手前でやっていたんで…改めて最後までHDVで仕上げる作業です。MAも改めてやり直しています。昔より格段に速いquadマシンですが、それでもHDVにエフェクトを多用する僕の編集では重さを感じます…。今主流になりつつあるAVCHDはもっと重いそうですが。

公式サイトによると、時期PremiereとAfterEffectsは64bit版のみ対応とのこと。
作曲関係は32bitで十分ですが、こう宣言されると64bitを導入せざるえない感です…。



話し戻して。
カメラが戻ってきたんで、撮影プランを発動。「夢現ノ床」の撮影に向けて準備を…。何だかんだで脚本が上がっていないので、まずはそこから。3月末〜5月前半までのスケジュールで検討中です。
posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。