2006年11月28日

時は進む…

 先日の学園祭アートステージ、modulationの映像。
WMV形式

 ノイズ系音楽に挑戦したのは、これが初めて。
 『MATH』のサントラでもこういう曲を使います。 






 時が経つとテクノロジーは進むもので…。
 PLC(電力線搬送通信)も実用化に向けて一歩を踏み出したようです。
  http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/16162.html
  http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/16331.html

 つまるところ…コンセントに挿すだけでネットワークにアクセスできる、というもの。
 『MATH』の原型のアイデア…まだインターネットも普及していなかったころ考えていたのも、これに乗っ取ったものでした。

 SF作品はこうしたテクノロジーの進歩に少なからず影響されるもので…例えば屋内の描写とか、色々考えないといけません。



 映画中、部屋から『MATH』にアクセスするコンピュータは、ちょっと面白いデザインです。
pc.jpg
 透明のディスプレイにロムを読み込むリーダーと、キーボード、ペンマウス。プラグ類は一切なし。ロムを採用している辺りが少し古い印象ですが…。いわゆる「ネットブート型」で、無線ネットワークを通じてOS、アプリケーションをロードするという設定です。認証は携帯端末をかざすことで行う仕組み。






 どうも過激なレンダリング作業の影響か、映像編集用PCがとうとう起動しなくなって、修理しないといけないのですが…。ついでに作り直したかったシーンではあったものの、1シーン丸ごとデータ消去;;
 作業は細々とノートPC使って進めています。(時間かかる…;)

 上のようなPC映像のハメコミを、これまでかなり手のかかる方法でやっていたのですが…モーションスタビライザ機能がAfterEffectについていることにやっと気付いて(^^;、マシンパワーに頼って合成を進められそうです。クオリティーも上がりそうで、よかった…。


 何はともあれ、PCの故障には気をつけましょう…。
posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック