2007年01月14日

死、について

 ニュースとか見てると、死に絡む話が目に付く。


 残忍な事件もあるけれど、僕の目を引いたのは「モー娘。」メンバーの話と、映画化された韓国青年の話…それから、女優の辰巳奈都子さんのブログの話。


   * * * * * * *


 僕はあまり「死」を作品の中で描かない。
 有名な?話だけど、小学校のころ授業で書いた宇宙戦争の小説で、最後にみんな蘇らせたり。「死」って発音すれば軽いけれど、その軽い音で終わらせられない深みを抱えたコトバだと思うから。


   * * * * * * *


 今、映画『MATH 時の落とし子』を編集していて…。
 どうも脚本段階より軽くなっている気がしたのが、主人公あやの元恋人『彼』の死の描写。

 きっともっとあやの中で『彼』は大きな存在なんだろうな…と編集済み映像を観て感じた。
 たぶんこれは演技の問題じゃなくて、僕の編集の問題だと思う。カット自体は撮りたかったものなんだけど、繋いだときの質量感が足らない。
 もう少し、考えないといけないな…。


   * * * * * * *


 春に撮るつもりの映像作品(音楽映画)は、ダイレクトに『死』に迫りたい。
 なんとなくだけど、モチベーションが定まった気がする。
posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック