2010年03月27日

雑賀孫子まつり

知り合い関係のイベント告知です。

NoName_1371.jpg


明日28日、和歌山市駅付近で「雑賀孫子まつり」が開催されます。
http://magoichi.fc2web.com/

鉄砲を使ったパフォーマンスをはじめ、行進や映像など様々なイベントが執り行われます。ご興味ある方は是非遊びに行ってください。詳細は上記HPにて。

モバQ


就職や引越し関係でばたばたしていて、映像関係は停止を余儀なくされております…。新年度以降、新作情報をはじめ、撮影やCG制作のレビューなどのコンテンツを充実させていこうと思います。どうぞよろしくお願いします。
posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 15:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

復帰

修理に出していたビデオカメラ、Victor GR-HD1が戻ってきました。
中古で買って即基盤交換。前に使っていた機種でも起こっていた現象(ノイズ発生)で、修理の担当者さんの話から推察するに、民生品ならではの劣化仕様の影響のようです。つまり、業務機器で再生したらノイズは出ず「ちゃんと見れる」とのこと。
基盤交換で約4万5千円。旧カメラを分解して、中の構造を知っているんで…まぁ技術料取られても仕方ないのはよく分かりますが、やっぱりメンテ代を考えると自主制作にはギリギリのライン。

やはり安価な50万以下で買えるような機材は、それなりの「仕様上の無理」があるのかな…という印象です。安くするために何かをなくしている、ということ。GR-HD1は単板CCDで発色が薄暗いし。


昨日は「夢見るコトバ」(HD 720p版)の編集作業。フローの途中でDV変換して仕上げていたんですが、いろんな都合で最後の一歩手前でやっていたんで…改めて最後までHDVで仕上げる作業です。MAも改めてやり直しています。昔より格段に速いquadマシンですが、それでもHDVにエフェクトを多用する僕の編集では重さを感じます…。今主流になりつつあるAVCHDはもっと重いそうですが。

公式サイトによると、時期PremiereとAfterEffectsは64bit版のみ対応とのこと。
作曲関係は32bitで十分ですが、こう宣言されると64bitを導入せざるえない感です…。



話し戻して。
カメラが戻ってきたんで、撮影プランを発動。「夢現ノ床」の撮影に向けて準備を…。何だかんだで脚本が上がっていないので、まずはそこから。3月末〜5月前半までのスケジュールで検討中です。
posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

詳細、って何?

私事で追われつつも、そろそろ…と撮影の準備にかかろうとしています。

先日、故障していたビデオカメラの代わりに、新たに中古で購入しました。
レンタルでは自由効かないですし、もう「古い」機種なので修理も中古購入とほぼ変わらない、ということで。


マニュアル操作をサポートしているビデオカメラ、もう少し安く欲しいですね。
最近は、一眼レフのHD動画に移行されている自主制作者も出てきているようですけど…やはりボケやレンズ交換は魅力でも、それ以上に形状って撮影感覚の上でタイセツなんですよ。慣れたらいいのかもしれませんが。

映画


ところで。
巷の募集返事で流行りの「詳細お願いします」。

いい加減バリエーション増えないものかと、苦笑いしながら掲示板などなど眺めています。

募集者がその文句を指定している場合は別にして。
明らかにそこに「詳細」らしき文面が書かれていたり、ここを見てくれというURLの指示があったり。

一言添えるのは礼儀として当たり前。
でも、「詳細」がどう見ても既に書かれているときって、その礼儀も偽者に扱われますよね?


やはり経験積まれている方は、そういう書き方しないんですが。
初心者の敷居を上げるべきでもないとは言え、もう少し募集内容に食いつく前に、考えるべきのような…。



ネットを介した出会いは、確かにオフとは距離感が違います。

でも、公募者応募者お互いにチャンスを広げるために、活用していくべきと僕は思っています。僕自身、そうやって仲間に出会ってきましたし。


お互いが警戒している関係は、望ましいのかもしれません。

応募者が、募集側の正体を掴もうとするのは当然見えてくる関係ですが、逆も然り。募集側だって応募者について知りたいと思っています。

相手の「詳細」をどうやったら知れるのか、コミュニケーションの面からもうちょっと深く考えてみると、お互い心地いい出会い方ができるような気がします。コミュニケーション自体は、オンもオフも一緒ですから^^。



…と、私見を書きましたが。

僕自身、このところは応募側だけで→昔、募集かけたときは皆さん素敵なプロフィールを送ってくださりました。
今度公募久々にかける予定ですが、「詳細お願いします」来たらどう対応していいか、既に苦慮しています^^; 悪気あるわけでもないでしょうしね。


映画


ソースの確認しただけで、作業はまだですが…。
サイトリニューアル(「MATH」だけでなく、ベネズエラ映画のサイトとして)を準備中です。
当然、公募する前には改装します(僕なりの礼儀です^^)。
posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 04:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

イベント情報

次の日曜日、大阪にて音楽担当した作品のイベント上映があります。

特に関西在住の自主映画制作の方々には、関係者交流の機会になりますので、是非ご来場ください。



眼鏡


Amanto-michi Asian Cinema Exhibition 2009協賛
「ぼくらの映画のつくり方」


◆日時 12月6日(日)

    13:00〜
    吉川信幸監督「Hello Horizon」「父と飲む」ほか
    上映とパネル・ディスカッション

    14:30〜
    中野広之監督「見習い同心・安藤源四郎」「千代姫戦鬼」
    上映とパネル・ディスカッション

    16:00〜
    「テンロクの恋人(1〜3話)」
    上映とパネル・ディスカッション

    17:30〜交流会

◆場所 天劇キネマトロン

    http://amanto.jp/tengeki

◆入場料¥1.000(1ドリンク券つき)
posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

クラウドの中

最近googleのChrome OSのニュースが出ていますが…。
映画『MATH』に出しているコンピュータ、まさにアレなんですよね。ウェブをプラットフォームに、という発想。だからローカルにROMドライブは用意したんですけど、それ以外はナシ。
セキュリティー課題に対しては、一般とは違うネットワークを仮定して逃げましたが^^;


だんだんいろんな設定の新規性が問われるようになってきたんで(苦笑、上映機会を急がないといけませんね。SF映画じゃなくなってしまいますから;
せめて認証部分に携帯デバイスを絡ませたり、オンライン学習を実装した対話型アプリが出る前には出したいです。


一方で、映画の中に出していたシステムのアイデアが実現されてきて、『MATH』という映画、或いはキャラクターがそろそろ一般に理解される時代が来るな、という感じがして、そこはちょっと楽しみです。


カチンコ


ところで、MATH以来ずっと使っているカメラGR−HD1が故障して…。
なんせボタン数箇所破壊して、部品もいくつかなくなって、ボロボロ。僕はボロボロでも扱い慣れてるんで大丈夫で…テープ部分だけ直して欲しいんですけど、そんな要望は確実に通らないくらいガタきてます…。
値段考えても修理に出すよりは、また中古を狙ったほうがいい、という状況で、思案中。

まだ一作取り込みしてませんし、一作は撮影途中ですし…。
何にしても一度はレンタルしないといけなさそうです。


で、次のカメラを考えています。
一眼レフHD動画も検討して、店頭で触ってるんですけど…やっぱりビデオに慣れている身なんで、ボケ云々よりインターフェイスを大事にしたい気持ち。
欲しいスペック考えると、AG-HMC155ですね。
30万…学生には辛い価格です…。
posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

新作準備

ここ最近、新作映画について動いています。
まだ「夢見るコトバ」の最終仕上げ(DVD化)が終わっていない間に、次々音楽と映画の話があって、そちら関係の作業が遅れています><。



制作グループのベネズエラにも馴染み深い、とある企画の映像化を予定しています。
制作中の「夢現ノ床」の撮影を優先しますが、新作は実現すると過去最大規模になるので、もうプリプロ入りしています。


連続ドラマ形式と映画形式を両立するような撮影を目指しています。

目下脚本を書いている段階ですが、他の方々が企画をサポートする形でキャストやロケなどについて動いてくださっています。個人運営から離れている辺りが、これまでの作品とだいぶ違います。

キャスト・スタッフ共に久々の公募をするかもしれません。



あまり現段階では詳細語れませんが、広義の『魔法使い』が主人公になる辺りは、「MATH」「夢見るコトバ」に通じるものがあります。主役は女性です。

ファンタジーではありますが、背景は「MATH」のような哲学的なものになります。特に敵キャラは、「MATH」を彷彿とさせるものです。

アクションの要素も入ってきます。でも、殴り合いではありません(笑。
あと、主人公に纏わるミステリー風の展開でスタートします。


また進捗あれば、ココで報告していきます。
posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

テーマ曲公開

昨日から映画「夢見るコトバ」テーマ曲を公開しています。

 http://www.muzie.co.jp/artist/a010002/

予告編とあわせて、お楽しみいただければ^^。




月末目安に&ポスター制作予定。
…ポスター公開と同時に、ココの模様替えもします(まだMATHだけなので)。

これから公開に向けて地道な宣伝作業です…。




今後の活動。

このサイトのおかげで、ほとんど一般公開してない割に「MATH」の認知度は(数年かけて)上がって(笑。「夢見るコトバ」ともども、僕としても出していきたいので、こちらのリニューアル版の完成を急ぎます…。

制作グループは違うんですが、「夢見るコトバ」で合作したナカノゾク制作のSF長編『夢現ノ床』も来春公開目指して残している撮影を進めます。

ベネズエラ新作はいっぱい候補上がって、身内でわーわー議論しているところです。来年夏くらいの撮影になると思われます。「喫茶ベネズエラ」と「夢見るコトバ」の中間くらい?なノリになる予想。
posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

夢見るコトバ 予告編公開

映画『夢見るコトバ』、予告編を公開します。
ブロードバンド環境の方は是非HQモードでお楽しみください^^。


映画





映画


posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

試写会開催

15日夜、大阪で『夢見るコトバ』完成披露会を開催しました^^。


僕の監督新作完成は『f(t)』以来1年数ヶ月ぶり。
ベネズエラとしては2年半ぶり。


ネタのオンパレードに、必ず笑顔になれる作品に仕上がったと思います^^。

まだ形になってホヤホヤなので…月末にサウンドとか修正加えて本完成→一般公開は12月くらいの予定。
9月以降、映画祭系イベントで上映狙っていきます。

予告編、近日アップします。
posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

エフェクト処理

yume_mixex.jpg


今日はエフェクト処理作業を何シーンか。
AfterEffectsで発光系の効果を加えていました。

第一作「Blue Spring」以来、お馴染みの作業です。
グローはタイトルとか入れたら、ほぼ全作使っています。ビデオカメラで撮れる光って、本物だけだと逆に説得力がないんで。



『夢見るコトバ』は、"飛べない"会社員と、"飛べてしまう"能力を持った女の子の話。

 でも特殊能力に関わる描写は、今回あまり力入れていません。基本的に謎な力のまま、見せ場もありますが一瞬(1秒くらい)です。
 エフェクト処理カットはそれなりにあるんですが、ネタなんでそこまでリアリティーは持たせないものにしています。

 …とはいえ、結構な数あって地道な作業です。
 自分の作品では毎度のことですから、慣れてはいますけど。



 稲妻のエフェクトは、かなり品質の高いものがAfterEffectsにはデフォルトで入っています。アニメーションで好きなように操るには、パラメータ設定を慣れないと難しいです。ちゃんとチューニングしないと、不自然に稲妻の動きが早かったりします。…そういうのは低予算の商業モノなら、よく見かけますけどね^^; 
posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

画像復元

cal_demo.jpg cal_org.jpg


右側がオリジナル、左側が加工したもの。

「夢見るコトバ」の撮影は時間制約きつくて(初日だけでしたが)、カレンダーに落書きするシーンを撮ったのはよかったものの、落書き前を撮影していなくて…。新たにカレンダーを買いに行く余裕もなかったので、Photoshopで修復。

結構使える技術なので、オススメです。



要は落書きの赤ペンが入っていない部分を切り取って繋ぎ合わせてなじませて、元に戻していく作業。同時に左右並べて比較されるわけではないので、多少違っていてもOK。



色塗りもしますが、ポイントはノイズを再現すること。ノイズがなければ浮き立ってしまいますから。乗算したりでうまくノイズを残してレイヤー合成していくといいですね。

あと、実際に使うサイズより解像度上げて作業したほうがいいです。



今回はハイビジョンの作品で…結構大変でした。或る程度アニメーションの動きで誤魔化せるんで、静止画の合成作業ほど厳密にはやっていません。



修復にも使えますが、あとから文字を書き込んでアニメーションつけたりして、撮影していない映像を作ることもできます。
僕の監督作の「小さくて、小さな星たち」、冒頭のカットはそうやって静止画元に加工して作っています(レシート、実際には僕の分も書かれていたので消して…あと文字を書き加えました)。

さらに複数レイヤー動かしたり、合成すれば、コンポジット・アニメーションになって、表現の幅もぐっと広がります(「MATH」の新編集版でやっています)。


自主制作されてる方は是非チャレンジしてください^^。
posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

粗編

photo01.jpg photo11.jpg


『夢見るコトバ』、ようやく全シーン繋げて全貌が見えてきたところ。
尺は30分弱の自主映画なら理想的な長さ。

ざっとPremiereで再生しながらギターで音楽のイメージを合わせてみたり。だいたいの方向性は決まりました。なぜかいろんな期日関係で、自分の作品の作曲はほんの数日でやるパターンが続いているので…(過去の中篇40分作品三作とも)、今回は少し前に固められて安心です^^;
厳密なフィルムスコアリングをやるんで、完成版映像仕上がるまでは、打ち込みできませんが。


残すはCGパート仕上げとMA。
1カット撮影失敗したテイクを静止画加工して、アニメーションで作り直す作業もあります。面倒ですけど、ないとまずいので…。


&何回も全体を再生しながら、音楽をつける前に音楽ナシで一番しっくりくるタイミングに編集します。局所でタイミング合っていても、全体的なスピード感に合わないこともありますから。


「夢見るコトバ」はコメディー路線ながら、ドラマとして描く部分は力を入れていますので、ノリの切り替えはしっかり考えないといけません。


一年かけて30分の作品を仕上げて…効率悪いなぁと思いつつ(苦笑。最後のツメはしっかりしたいところですね。
posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

タイトル作り

yumemi_title.jpg

映画編集の一番ココロ弾む瞬間。
間違いなく、メインタイトルでしょう。

映画のタイトルは文字通りの看板ですから^^。
どういうタイミングで、どんなフォントで出すのか。そこから作品を観てもらうわけなんで、すごく拘って作ります。

あと、僕は映像編集の仕上げ前くらいにタイトル関係を作るので、「もうすぐ完成!」というテンションになるのも弾む一因でしょうか。


『夢見るコトバ』は、ファンタジーの要素の入った作品なので、やさしい手書きフォントに光の装飾つき。文字も躍らせてみたり、遊び心いっぱいな感じに作りました。


背景は先日携帯で撮った風景写真をマットペイント風に加工したもの。ズーミング&レンズのひずみ効果を加えて、ビデオカメラで撮影したような雰囲気にしています。


これにテーマ音楽(今作っています^^)ついたら感動モノですよ(笑。
まだ本編も全部終わってないんで、来月になりますが。



あと、エンドロール。これもすごくテンションUP。
今回はまだエンドロール手前の映像が上がってないんで、編集のクライマックスですね^^。


来月関係者試写会するために調整中。
その後、一般上映を計画してます。

…予告編、作らないといけませんね。
posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

またまた編集再開…

12_01.jpg 09_01.jpg


 僕の個人的都合で久しくまた停滞していた「夢見るコトバ」編集作業を再開。
 着々と完成に向けて進んでいます。


 写真はアップしませんが…ネタシーンの編集は、繋げながら思わず笑ってしまう仕上がり^^。これはいける!と自画自賛してがんばっています…。


 メンバー全員の都合を考えると、ちょうど撮影一年のお盆くらいのころに試写会を開催する流れになりそうな予感。遠方の一般社会人も多いんで。



 やはりやや長い作品なんで…編集によるテンポアップがキーになってきて、全編「少しだけ早い」テンポで繋いでいます。
 最近のバットマン『ビギンズ』や『ダークナイト』の編集が念頭にあります。この作品でアレくらいやると早すぎるんですが…。キレのよさはすごく参考になりますね。
posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

アクションシーンの編集

11_03.jpg 12_05.jpg


 いろいろあって、一層身の引き締まる思いで編集進行中。

 先ほどアクションシーンの編集を。
 この作品、同時進行で2つ撮影する都合もあって、「MATH」のような激しいVFXは使わなくていいように脚本を書いたのですが、ココが数少ないテクニカルな見せ場の一つです。

 モーションつき動画への動きのあるエフェクト合成は、難易度が高いのですが、去年仕事で経験しているのでそんなに恐怖?はなく。
 今日はカット繋ぎのみでしたが、スピーディーに且つ重く見えるように早回しやスローも要所で使ってみたりしています。特殊エフェクトなしで見れる映像、というのが原則ですから^^。

 いよいよ来週には合成シーンの編集に差し掛かるところ。
 深夜作業でちょっと辛いところもあるのが現実ですが…いい作品に仕上がれば。
posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

編集再開

 いろいろバグとその対応時間確保の少なさに起因して…先日やっと新編集PCにAfterEffectsやShadeを導入。


 特に大幅に完成予定が伸びてしまった『夢見るコトバ』を編集中。
 素人さんにも広く門を開いているベネズエラ映画で、かなり演技力を要するナカノゾク式の半即興的撮影をやったので、編集はそれなりに苦労していますが…(笑、編集進んで形が見えてくると「これ、すごいんちゃう?」なんて気分になってくるから不思議です。

 
14_02.jpg 14_01.jpg



 今回も、静止画から動画を作る技術を、撮影ミスの修正に使用。
 どうしても現場でスピード求めると、後々こういう苦労するんですが、学生の自主制作では止むを得ないところがあります…。


 時間確保との戦いですが、『夢現ノ床』の撮影を再開できるように少し急ぎで。
posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

CINEDRIVE 2009 作品紹介(2)

CINEDRIVE 2009で、映画「f(t)」が上映されますが、他の僕が関わった作品を紹介します。

二作目の紹介は、Aki Monster監督『最悪の日のよく晴れた空』。

僕は音声諸々スタッフとしての参加で、名義はCharmMi^^になっています。キャストは、この撮影以後よく一緒に活動している宮崎可奈子さんと岡崎広志くん。

海外で映画の勉強をされたという監督らしい、洋風な作りこみの起伏の大きい短編サスペンス。デジタル世代ならではの編集が冴える一品です。
僕の担当ではありませんが、エンディングのしっとりした主題歌も聴きどころです。


 3/10(火)17:00〜PLANET+1
 3/15(日)15:00〜シネ・ヌーヴォX 
 3/21(土)11:00〜PLANET+1



- - -



『f(t)/エフ・ティー』(06−L枠、他2作品と同時上映)
 監督:水流ともゆき 出演:篠崎雅美、岡崎広志、佐藤七ほか

3/9[月] 17:00〜 PLANET+1   3/17[火] 17:00〜 シネヌーヴォX


posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

CINEDRIVE 2009 作品紹介(1)

CINEDRIVE 2009で、映画「f(t)」が上映されますが、他の僕が関わった作品を紹介します。


まず、大野監督『塗りたてのペンキに、涙。』。
音楽(スコア)担当で参加しております。

一味変わった、「婚約した二人」のドラマ。
コミカルテイストな演出なんですが、内容は座った感じの長編で、しっかりとしたドラマを魅せる仕上がり。

 3/09(月)13:30〜PLANET+1
 3/21(土)15:00〜シネ・ヌーヴォX 
 4/01(水)14:30〜PLANET+1

音楽は冒頭からクラシカルな響きのフィルムスコアリング。弦・木管+鍵盤類のビートレスなオーケストレーション。
今のところ一番新しい担当作ですね。

キレイな曲だけど聴いたことある響き…という音楽は多いですが、このサントラは一味二味も深みのある楽曲ばかりです。是非耳を傾けていただければ、と思います(笑。



- - -



『f(t)/エフ・ティー』(06−L枠、他2作品と同時上映)
 監督:水流ともゆき 出演:篠崎雅美、岡崎広志、佐藤七ほか

3/9[月] 17:00〜 PLANET+1   3/17[火] 17:00〜 シネヌーヴォX
posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

「f(t)」上映

久々の更新になります><。

突然ですが、3月に大阪で開催される映画祭にて、映画『f(t)』が上映されます。



『f(t)/エフ・ティー』
 監督:水流ともゆき 出演:篠崎雅美、岡崎広志、佐藤七ほか

(06−L枠、他2作品と同時上映)
3/9[月] 17:00〜 PLANET+1
3/17[火] 17:00〜 シネヌーヴォX

CINEDRIVE 2009ホームページ
  http://www.planetplusone.com/cinetlive/2009/


会場アクセス
http://www.planetplusone.com/cinetlive/2009/access.html



スタッフとして携わった映画「静かの海」の松本佳乃監督の紹介で、上映機会を頂きました。
多数のインディーズ映画の名作が上映されます。長い期間に渡って開催されておりますので、是非自主映画にご興味ある方は足をお運びいただければ、と思います。


posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

Paradise

 ローカルですが、映画『夢見るコトバ』の主題歌をFMのコーナーで流して貰えるかも、ということで…。

 まだまだ完成は先ですが、予告編代わりに公開します^^。
 ベネズエラの力作です(笑。


『Paradise』/ロックバンド・ベネズエラ

 歌:エセス
 般若心経ラップ&コメント:へあ
 実況:ヨースケ・サンタマルタ
 解説:あばた真和
 作詞:あばた真和、水流ともゆき
 作曲&プロデュース:水流ともゆき
 
posted by 水流ともゆき(監督・音楽) at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。